タダラフィルはどの服用方法が一番効くか

タダラフィルはバイアグラなど他の勃起不全治療薬と比べて食事の影響を受けにくく副作用が少ないことやおよそ24~36時間という勃起持続時間が長いといったことから人気を集めています。
そもそも勃起状態を引き起こすためには陰茎の海綿体平滑筋の緊張を緩めて十分な血流量を確保しなければなりません。
しかし勃起不全に悩む人はいざ性交渉時に過度の緊張やストレスなどがかかってしまうことで十分な血流量が得られず勃起状態を持続するのが困難になってしまうというわけです。
タダラフィルは陰茎海綿体への血流量を増加させる作用を持つため長時間にわたって勃起状態を持続させることができます。
ただしタダラフィルは勃起不全を解消させる効果は持ちますが性欲増進作用はありませんので注意が必要です。
そんなタダラフィルの最も効果的な服用方法はというと性交渉の3時間前には服用しておくことをおすすめします。
薬を服用して水を飲む男性タダラフィルの効果を最も発揮する血中濃度のピークは平均して3時間とされておりその後はゆっくりと血中濃度は低下していきますが効果は24時間以上持続します。
もちろん効果発言時間には個人差が大きくありタダラフィル服用後最短で15分で性交渉が成立したというデータもあります。
またタダラフィルは他の勃起不全治療薬と比べて食事の影響を受けにくいとされていますがやはり少なくとも何らかの影響はあることを考えてできたら空腹時の服用が望ましいでしょう。
もしも食事をしてしまった場合は2時間程度あけて服用するようにするとよいでしょう。
なお過度な飲酒は勃起障害を増悪させてしまいタダラフィルの効果を十分に発揮させることができないため飲酒する場合は適度にとどめておきましょう。