タダラフィルはなぜ開発されたのか

タダラフィルはEDつまり勃起不全の薬で、このタダラフィルというのはその薬に含まれる有効成分の化学名です。
錠剤の名前としてはシアリスと言ったほうが馴染みがあるでしょう。
ED治療薬にはシアリスのほかにもバイアグラ、レビトラという薬があり、それらはシアリスよりも早くに発売されています。
既にED治療薬があるにも関わらず、どうしてタダラフィル、シアリスは開発されたのでしょうか。
薬品開発をしている女性もちろん、製薬会社の戦略という意味が強いことは間違いないでしょう。
ある病気の治療薬が開発された後、それと同じような効き目を持つ他の薬が別の製薬会社から発売されるというのは決して珍しいことではありませんし、これは別に医薬品の世界に限った話でも何でもなく、およそライバル企業というものが存在するありとあらゆる業界でそのような現象は見られることのはずです。
しかし、全く同じものを作ってはそれこそ特許侵害になりますし、全く同じものではなくても効き目や使い方が同じようなものでは、先に発売された薬のほうが既に市場に浸透していて後から追いかけるものが苦戦するのもまた製薬業界だけでなくどの業界でも同じようなものでしょう。
ということで、後から出るものとしてはなんらかの差別化を図ることが必要になってきます。
タダラフィルの場合、その差別化の最大のポイントは効果の持続時間です。
先に出ていたバイアグラやレビトラは効果の持続時間が短く、性行為のそれこそ直前と言ってもいいくらいの時間に服用する必要がありました。
予め性行為を見越して服用した場合、効果の持続時間を非常に気にしながら過ごす必要があったのです。
タダラフィルはこの点が改良されており、効果の持続時間が長くなっています。